安田工業株式会社
会社概要 お問合せ リンク プライバシーポリシー
ホームへ戻る 釘物語 住宅の欠陥 製品案内 スーパーエコチャレンジ 用語集 Q&A

 釘 物 語
安田工業の歴史
設計者
辰野金吾について
解体調査
解体記録
解体結果
 釘 の 歴 史
釘 の 歴 史
釘ができるまで




 
 

安田善次郎
安田財閥創始者
安田 善次郎
 Zenjiro Yasuda
設立当時は、動力源として石炭焚の自家発電機を設置しましたが、現在はディーゼルの自家発電機に変わりました。
将来は風力発電などの地球に優しい設備を使用する循環型の企業を目指しています。

安田工業の歴史
日本での洋釘の歴史はわが社の歴史そのものです。

明治28年(1895)
・安田財閥創始者、安田善次郎が、東洋で初の製釘事業の起業を決意、機械設備の購入と斬業の視察研究のため、技師山口武彦を欧米に派遣。
明治30年(1897)
・東京深川区猿江町東町(江東区猿江)に製釘工場を建設。鉄丸釘の製造販売を開始。
・東洋で初めて洋釘を製造販売。
明治32年(1899)
・安田商事合名会社を設立。のち株式会社に改組。
明治41年(1908)
・官営八幡製鉄所(現新日本製鉄八幡製鉄)が、釘の原材料であるワイヤーロッド(線材)を弊社に向け製造。これが国産線材の始まりとなる。
大正元年(1912)
・福岡県八幡町(現北九州市八幡東区)に製釘工場を建設操業開始。
大正12年(1923)
・関東大震災で深川の工場は全焼したため、機械設備を八幡工場に移す。
昭和18年(1943)
・第二次大戦下、新規事業の要請に応える意味から、安田興業株式会社に社名を変更。
昭和24年(1949)
・財閥解体により大和工業株式会社を設立し一切を継承。
・安田工業仙台工場を建設。
昭和25年(1950)
・財閥解体により仙台工場は別 会社(東北安田工業)とされる。
昭和45年(1970)
・安田工業株式会社(現社名)に社名変更。
・埼玉県加須市に埼玉工場を建設。関東における生産拠点とする。
昭和49年(1974)
・東北安田工業株式会社を合併し仙台工場とする。
現在
当社は日本で最初に洋釘を生産販売した会社です。「くぎ」とは「物と物を締結するもの」という基本に立ち返り、住宅の耐久性向上に貢献する商品の開発を続けています。
■ 安 田 工 業 TOPICS1  
安田工業50周年を迎えた時の社長遠藤常久は 、作家遠藤周作氏の父親だったのです。実は・・・
知る人ぞ知るお話ですが・・・。
そして、そのことは遠藤周作さんの作品「おバカさん」の中に、「よいクギは建物を長持ちさせます。クギは大和工業のクギをどうぞ・・・・・・・」という、ラジオコマーシャルのコメントが出てきます。よかったらご覧下さい。

(※大和工業は安田工業の旧社名です)

 釘 を 国 内 で 初 め て 製 造 し 1 0 5 年 、 こ の パ イ オ ニ ア 精 神 で 住 宅 の 耐 久 性 向 上 に 貢 献 す る 製 品 を 提 供 し て い ま す 。