安田工業株式会社
会社概要 お問合せ リンク プライバシーポリシー
ホームへ戻る 釘物語 住宅の欠陥 製品案内 スーパーエコチャレンジ 用語集 Q&A


 釘 物 語
安田工業の歴史
設計者
辰野金吾について
解体調査
解体記録
解体結果
 釘 の 歴 史
釘 の 歴 史
釘ができるまで

1.材料

2.スケール落とし

3.伸線
(しんせん)

4.製釘
(せいてい)


5.磨釘
(まてい)


6.完成














大頭釘
法面の芝止めに
使用される釘です


連結釘
釘打機用の釘です。
 

釘 が で き る ま で
(テキスト版)

 1. 材 料


 釘の材料は、一般に微量の炭素が入ったはがねでコイル状になった線材を使用します。1コイルは約2トンでその長さは約10kmにもなります。

 2. スケール落とし(1)

 2. スケール落とし(2)
・線材をつくる時にできるスケール(線の表面にできる酸化鉄の薄い皮)を落とします。
■方法は主として2種類あります
(1)酸_の入った槽に線材を浸ける
(2)ワイヤーブラシでみがく

 3. 伸 線(しんせん)



釘の太さになるまで線材の太さを細くします

伸線機(しんせんき)

ダイス

 4. 製 釘(せいてい)

製釘機(せいていき)
 
■製 釘 機(せいていき)の釘づくり手順


1.鉄線をダイスで締付ける。 2.ハンマーで鉄線先端をつぶし、釘の頭をつくる。 3.決まった長さになるまで鉄線を出す。 4.ナイフで鉄線を切断し、釘の先端をつくる。
 5. 磨 釘(まてい)

磨釘機(まていき)

 釘をきれいにするため磨釘機(まていき)で釘を磨きます。同時に釘の先端をつくる際に出てくるウィスカー(線材の切りくず)を取除きます。
ふたが網目になっているため、ウィスカーやゴミが網の外へ飛ばされます。

6. 完 成

 釘 を 国 内 で 初 め て 製 造 し 1 0 5 年 、 こ の パ イ オ ニ ア 精 神 で 住 宅 の 耐 久 性 向 上 に 貢 献 す る 製 品 を 提 供 し て い ま す 。