安田工業株式会社
会社概要 お問合せ リンク プライバシーポリシー
ホームへ戻る 釘物語 住宅の欠陥 製品案内 スーパーエコチャレンジ 用語集 Q&A

日本銀行本店
日本銀行本店 日本銀行本店

東京駅
東京駅 東京駅

 

 

辰野金吾

辰 野 金 吾
Kingo Tatsuno

東京駅・日本銀行本店等の日本を代表する建築物を数々手がけてきた建築界の重鎮である。
「日本現代建築界の父」と呼ばれたイギリスの建築家J・コンドルを師とし、明治期を中心に活躍した。

辰 野 金 吾

辰野金吾博士は東京駅や日本銀行本店など日本を代表する建築物を数多く手掛け、明治期を中心に活躍した建築家です。博士は1854年、佐賀に生まれ、現在の東京大学の前身にあたる、工部大学校でコンドルに師事しました。卒業後イギリスに留学、帰国した後の1884年(明治17年)東京大学の教授になりました。
 博士が初期の頃の建物はヨーロッパそのものの古典主義様式が多く、1896年(明治29年)に完成された日本銀行本店は、その代表作と言われています。
 その後、東京大学工科大学長を経て、1902年に退官、その後辰野葛西設計事務所を設立しました。"民"の立場から活躍を始め、矢継ぎ早に明治期を代表する建物を建て、全盛期を迎えています。
 その後、博士は1909年に両国国技館、1911年に浅草国技館、1913年に百三十銀行小倉支店など多くの建築物を手掛けてゆき、1914年(大正3年)、中央停車場(現、東京駅)を完成させました。
 その後も活躍を続け、1919年に惜しまれながら死去いたしました。

西暦
和暦
備考
1854
嘉永7年
 唐津藩(佐賀県)に生まれる
1879
明治12年
 工部大学校造家学科卒業、欧州留学
1880
明治13年
 ロンドン大学、W・バージェス事務所で学ぶ
1882
明治15年
 フランス、イタリアを視察
1883
明治16年
 帰国、工部省営繕課に勤める
1884
明治17年
 工部大学校教授、大政官兼任
1885
明治18年
 銀行集会所
1886
明治19年
 造家学会発起人(創立委員)、辰野建築事務所設立
1888
明治21年
 工学博士
1888
明治21年
 工科大学本館
1888
明治21年
 臨時造幣局技師、欧米視察
1896
明治29年
 日本銀行本店
1898
明治31年
 東京帝国大学工科大学学長、建築学会会長
1899
明治32年
 議員建築調査会委員
1901
明治34年
 震災予防調査会会長
1903
明治36年
 辰野葛西事務所設立
1903
明治36年
 日本銀行大阪支店
1905
明治38年
 辰野片岡事務所設立
1909
明治42年
 両国国技館
1912
明治45年
 日本銀行小樽支店
1914
大正3年
 東京停車場(現東京駅)
1918
大正7年
 臨時議員建築局常務顧問
1919
大正8年
 3月、逝去、65歳


辰野金吾についてのコメント>>> 
(日本組積造研究会 西村文利)

 釘 を 国 内 で 初 め て 製 造 し 1 0 5 年 、 こ の パ イ オ ニ ア 精 神 で 住 宅 の 耐 久 性 向 上 に 貢 献 す る 製 品 を 提 供 し て い ま す 。